症状に合わせ保存療法と手術療法で膝にアプローチ

保存療法でのアプローチ

膝の痛みがほとんどなく、軽度な前期や初期段階の変形性膝関節症は、保存療法のみで治療を行なわれることが多いです。治療自体も取り入れやすく費用が安く済むのでおすすめです。

保存療法の種類

基礎療法
基礎療法は症状の度合いに関わらず行なうもので、膝関節へ負担をかけないように生活指導を行ないます。体重が重い場合は食事制限で体重を減らし、座り方や寝具などを見直すことで膝への負担を少なくします。また、グルコサミンの摂取も効果的です。
運動療法
変形性膝関節症では足の筋肉を鍛えることも効果的です。運動療法も症状の度合いに関係なく行なうもので、ストレッチや筋力トレーニングを行ないます。また、歩き方を改善することで膝関節へ体重がかかりにくくします。
物理療法
膝関節の負担を外側から減らす方法で、慢性的な痛みには温熱療法を行ない、腫れや熱が見られる場合には冷却療法を行ないます。病院で行なう特殊な機器によるものの他に、自宅にあるものを使用することでも効果があります。
装具療法
O脚やX脚が酷くなった場合に行なわれる方法で、サポーターやテーピングによって膝にかかる体重を分散し、膝関節への負担を減らします。そうした方法で痛みの軽減が不十分な場合には、杖の使用を行ないます。
薬物療法
ヒアルロン酸注射は膝関節の動きを滑らかにして軟骨を保護し、初期の進行を予防する効果があります。痛みや炎症を抑えるための方法には膝関節へのステロイド剤注射や経口剤、外用薬などを用います。
笑顔の医師

どの保存療法を実践するかについては、症状のレベルによって使い分けることが大切です。特に医師や理学療法士から伝えられる治療内容をしっかり理解した上で治療を進めることにより、スピーディな回復が見込めます。

手術療法でのアプローチ

変形性膝関節症の症状が進行してしまっている場合に必要となる手術療法は、大きく分けて3種類に分類されます。それぞれ特徴が異なるため、手術方法などを事前にしっかりと理解しておきましょう。

手術療法の種類

関節鏡視下手術
痛みや変形が本格的ではない初期段階で効果的な手術療法です。内視鏡カメラによって膝関節の内部を確認し、すり減った軟骨や変形した骨などを取り除いた後に形を整えていきます。この手術では傷を最小限に抑えられるため体への負担が少なく、社会復帰までの時間が短いのが特徴です。また、感染症にかかる危険性も低くなります。
高位脛骨骨切り術
60歳前後までの体力がある人でO脚の度合いが軽度から中程度の人に適した手術療法です。O脚は膝関節へ体重がかかるため負担が大きくなります。そこでこの手術では膝関節の負担と痛みを減らすため、脛骨を切除して向きを変えることでO脚の矯正を行ないます。術後は膝関節を比較的自由に動かせるようになり、運動なども楽しめるという特徴があります。
人工膝関節置換術
日常生活にも支障が現れ始める末期症状の人に適した手術療法です。変形が進んだ膝関節を取り除き、金属やプラスチックなどでできた人工関節と交換します。痛みを軽減する効果が高いため、膝関節を動かさなくても強い痛みのあった人でも日常生活が普通に送れるようになります。また、自転車や水泳のように膝への負担が少ない運動が可能になります。

人工膝関節の治療

人工膝関節というのは、人工膝関節置換術で変形した膝関節と置き換えるために使われるものです。人工膝関節は大腿骨部、脛骨部、膝蓋骨部の3パーツから構成されていて、もとある膝関節の代わりをして関節の動きを滑らかにします。金属でできているのは大腿骨部と脛骨部の本体で、脛骨部の上の面と膝蓋骨部の表面には軟骨の代わりとして耐久性のあるポリエチレンが使われています。人工膝関節にもいくつかの種類があり、どの種類を用いるかは変形性膝関節症の進行具合によって判断することが可能です。膝関節の変形が軽度である場合には骨の表面だけを人工膝関節に置き換えます。一方、症状が酷くなるとそれだけ複雑な人工膝関節を使用します。

人工膝関節置換術による合併症のリスク

現在では医療技術が進歩していることから発生する確立こそ低くなりましたが、人工膝関節置換術には合併症のリスクもあります。手術を受ける前にしっかりリスクを把握し、自分の納得できる治療を選ぶことが大切です。

感染症
手術を行なう際には殺菌などを行ない衛生面に気をつけていますが、それでも完全にリスクをゼロにすることはできません。万が一細菌が患部に侵入した場合、感染症にかかることがあります。一般的な症状は、患部の腫れや痛み、発熱などです。
血栓症・塞栓症
血栓症というのは血の塊が血管内にできる症状で、手術中や手術後には血の巡りが悪くなるため発生するリスクがあります。また、血の塊が他の臓器まで流れて詰まる塞栓症になることもあります。これらの症状は太ももやふくらはぎなどの腫れや痛みです。
人工関節の破損
手術をした後、人工関節は動かされることですり減りゆるみを生じる場合や、衝撃によって破損してしまう場合があります。また、人工関節がすり減ると細かな粉が発生するため、それに体が反応し周りの骨が溶けた場合にもゆるみが生じます。

リスクを把握するためには、医師としっかり相談して自分の要望をしっかり伝えておくことが重要です。膝の痛みが悪化し手術が必要になるレベルの変形性膝関節症になった場合は、家族にも合併症のリスクについて認識してもらうようにしましょう。

TOPボタン